女性の病気・子宮頚がん検査について

子宮がん検査についてのご説明です。

概 要

婦人科で取り扱われる悪性腫瘍で最も多い症例は子宮頚がんで約8割にものぼります。早期の段階で発見されれば、ほぼ100%治療可能といわれています。
子宮頸がんは、発見のための検査採取も簡単にできます。

検体採取方法

【細胞採取】子宮頚部の細胞を擦過採取します。スポンジのついたスポイトを膣内に挿入して採取します。

ご注意事項

妊娠中の方はご使用いただけません。

ご注文・お申し込みはこちら