クラミジアについて

男性の症状 | 女性の症状 | 検査キットの使用方法

【クラミジア】男性の症状

■症状
症状が少ないため放置されやすいが、感染率は女性の2倍と言われている。尿道のむずがゆさ、透明の分泌物が出る時がある。
■感染経路
粘膜どうしの接触。(性器から性器、口から性器、性器から口等)
■検査材料
尿
■検査方法
採尿容器(男性用)を使用して尿を採取。(使用方法はこちら
■使用キット
採尿容器(男性用)

▲このページのTOPへ

【クラミジア】女性の症状

■症状
性器がかゆくなり、おりものが出る。膀胱に感染すると、排尿痛、頻尿、膀胱の違和感を感じる。発症の季節は夏が多い。
■感染経路
粘膜どうしの接触。(性器から性器、口から性器、性器から口等)
■検査材料
膣分泌物
■検査方法
カルポータを使用して膣分泌物を採取。
(カルポータの使用方法はこちら
■使用キット
カルポータ

▲このページのTOPへ

検査キット「採尿容器(男性用)」の使用方法

「採尿容器(男性用)」は、男性のトリコモナス・カンジタ・クラミジア・淋菌の検査に使用します。
使用方法は、セット内に同封されている使用説明書をご覧下さい。

検査キット「カルポータ」の使用方法

「カルポータ」はクラミジア、淋菌の検査に使用します。

使用方法1
使用方法1 ①減菌袋に入っている綿棒(カルポータ)を開封して用意します。
②しゃがんだ姿勢となり、足を開いて先端から、5~6cm子宮膣部にあたるまで綿棒を挿入してください。突き当たる感じがします。この時、綿棒は親指と人さし指2本で持ち、過度な力や圧力をかけないよう注意してください。
使用方法2
使用方法2 ③綿棒を挿入し、子宮膣部より子宮頚管内へ捻綿子を入れ、5~10秒間回転させ抜き出します。
④採取した綿棒を培地チューブに付いている白いふたをはずした後、しっかり差し込みます。
⑤培地チューブに「氏名」「採取日」を記入して、封筒に入れてください。
検査キット使用の際のご注意

生理中に採取することはやめてください。
妊娠中の方は、使わないでください。
採取前日又は、当日の膣内洗浄は、避けてください。

検査キットのご注文はこちら