STD(性感染症・性病)について

STDとはSexually Transmitted Diseaseの頭文字をとったもので、性感染症(性病)のことを意味します。「性感染症」とは性行為により感染する病気のことです。

性感染症(性病)とは?

性感染症(性病)は、性交渉または性交渉に類似する行為によって人から人へ感染する病気です。
以前は梅毒、淋病が性病と言われていましたが、現代社会においては新たな性病も増えてきています。 エイズ、クラミジア、トリコモナス、カンジタ、B型・C型肝炎等これらの病原体が性行為により感染します。
感染しても病状が軽かったり、自覚症状の表れない事もあり、パートナーも感染してしまいます。
これらの性感染症(性病)に対しては予防するとともに検査を受けて早期発見することが大切です。
性感染症(性病)全般にいえることは、粘膜どうしの接触で感染することです。
本番行為をしていなくても口から性器へ、性器から口へ感染します。

AOIで行っている性感染症検査について

当検査機関では、PCR法 (遺伝子分析検査)による検査を行っております。(EIA法でのお申し込みも可能です)
生物の遺伝子は全てが同一のものはなく、遺伝子を分析する事によって100%その個々を確認、確定する事ができるのがPCR法です。
微量でも高感度の解析を可能とし、又従来法の約1000倍の感度で検出する事ができる、現在最も優れた検査法です。

もしかして・・・おかしいな?そう思ったら!

性感染症(性病)は、感染しても病状が軽かったり自覚症状が表れない事もあり、自分が気づかない間にパートナーまで感染してしまいます。
これらの性感染症(性病)に対しては、予防するとともに検査を受けて早期発見・早期治療することが大切です。少しでも「おかしいな?」と感じることがあったら、すぐに調べてみましょう。